用語集

あいうえお順から調べる

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

あ行

押し目(おしめ)

上昇傾向にある相場が一時的に下がることをいいます。そのタイミングを狙って買うことを「押し目買い」。(⇔戻り売り)

終値(おわりね)

取引時間や取引期間において、取引が終了したときの値。

か行

買戻し(かいもどし)

売建玉を手仕舞う(売建玉を減じる)ために行う買付取引をいいます。

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

通常の指値注文の場合、建玉を持つ為にレートを指定しておき、そのレートになれば約定させる方式。(買い/売り共通)
逆指値は、保有する建玉に対して損切のレートをあらかじめ指定することになります。
よく使われるテクニックとして、買う、売り建玉を持つときに指値を指定(指値)しておき、その建玉を売り/買いのロスカットする時のレートを指定(逆指値)しておいたりします。
つまり、いくら以下になって損が発生(買いの場合)してしまうので早めにロスカットしたい、だからその場合のレートを自分で決定して起き指定する。
いくら以上になって損が発生(売りの場合)してしまうので早めにロスカットしたい、だからその場合のレートを自分で決定して起き指定する。
ということになります。

さ行

証拠金(しょうこきん)

証拠金には、必要証拠金、有効証拠金があります。
「必要証拠金」とは、ポジション(建玉)を持つためにその取引額に比例して最低限必要となる資金のことです。
「有効証拠金」とは、ポジション(建玉)と現在のレートで計算して損益を計算とそれに応じた証拠金を加算したもので、あとどれだかポジション(建玉)をもつことができるか?という余力を示したものです。

ショート

通貨を売ること、売り建玉(ポジション)を持つこと。(⇔ロング)

スプレッド

売値と買値の差のこと。

スリッページ

指定したレートと、実際に取引が成立したレートとの差のこと。相場の急変時などに発生することがあります。

損切り(そんぎり)

大きな損失になる前に、損を覚悟で決済し取引を終わらせること。

た行

高値(たかね)

特定の期間の中で取引された最も高いレートのこと。(⇔安値)

建玉(たてぎょく)

先物の用語で、建というのは将来を意味します。玉はポジションを持つことを意味します。
つまり、
売建玉=「売り」を注文し成立したポジションを持つ
買建玉=「買い」を注文し成立したポジションを持つ
ということです。

チャート

相場の値動きをグラフで表したもの。時間の取り方により、月足、週足、日足、時間足、分足などがあります。

通貨ペア(つうかペア)

取引をする通貨同士のペアのこと。

な行

成行注文(なりゆきちゅうもん)

取引レートを指定せずに、市場の実勢レートで売買を行う注文です。最新の取引レートにて常に約定します。

は行

始値(はじめね)

取引時間や取引期間において、取引が開始したときの値。

ポジション

建玉(たてぎょく)ともいう。取引を開始し、まだ決済が行われていない状態のこと。売りから取引を開始した場合、「売りポジション(の建玉)を持つ」といい、買いから取引を開始した場合、「買いポジション(の建玉)を持つ」といいます。

や行

約定(やくじょう)

注文した取引(売買)が成立すること。

安値(やすね)

特定の期間の中で取引された最も安いレートのこと。(⇔高値)

四本値(よんほんね)

始値、高値、安値、終値の4つの値段の総称です。

ら行

利食い(りぐい)

建玉(ポジション)を反対売買して、利益を確定させることです。(⇔損切り)

両建て(りょうだて)

同一の商品の売建玉と買建玉を同時に持つことをいいます。

レバレッジ

てこの原理のことを指します。少ない資金で大きな取引を行うことにより、投資した資金に対する損益の比率が大きくなります。

レンジ相場

ある一定の範囲内で、上下動を繰り返す相場のこと。

ロスカット

損失を確定させること。

ロング

通貨を買うこと、買い建玉(ポジション)を持つこと。(⇔ショート)

ロット

CryptoGTの場合、基軸通貨の枚数のことを表します。 例えばBTCUSDペアの場合は、左側の基軸通貨BTCに合わせ、1ロット=1BTCとなっています。